top of page

第8回演奏会のお知らせ

ー 外国人&邦人作曲家による近年の作品と、バッハの「カンタータ12番」などバロック時代の作品を競演!! ー

ブルク・バッハ室内合唱団では、2021年6月の第7回演奏会以来、3年ぶりに演奏会を開催します。

新たに常任指揮者として谷川晃氏を迎えた第8回演奏会では、バッハの「カンタータ12番」をメインに、外国人&邦人作曲家による近年の作品とバロック時代の作品を演奏します。

外国人作品と邦人作品との対比、また、現代作品とバロック作品との対比をお楽しみください。

ブルクバッハフライヤー表面1.jpg
ブルクバッハフライヤー裏面1.jpg

日時:2024年10月26日(土)午後2時(開場:午後1時30分)

会場:彩の国さいたま芸術劇場音楽ホール JR埼京線「与野本町」駅から徒歩7分

入場料:一般3,000円、学生1,000円(チケットぴあ:Pコード271576

なお、高校生以下の児童生徒様につきましては無料といたします(ただし、お申込みが必要です)。

お問合せ:burgbach@gmail.com または 090-3915-1297(深津)

主催:ブルク・バッハ室内合唱団実行委員会

後援:新座市文化協会、新座市合唱連盟、NPO法人日本声楽家協会、東京藝術大学音楽学部同声会

■曲目

第1部 近年の音楽(外国人作品&邦人作品)

 ラター「Go Forth Into the World in Peace」「This is the day」

 松波千映子「道順」(混声合唱とピアノのための「五つの愛の言の葉」より)

 高島みどり「未来」(混声合唱組曲「風に鳴る笛」より)

 アントニーニ「O Filii et Filiae」「Memorare」

 森田花央里「Akatombo and Ballad」(混声合唱組曲「ジャポニズム&ジャズ」より)

 信長貴富「リフレイン」(覚 和歌子の詩による混声合唱曲集「等圧線」より)

第2部 バロック音楽

 パーセル「Lord, How Long Wilt Thou Be Angry」

 バッハ「Verleih uns frieden gnädiglich」(Kantate BWV126より)

 バッハ「Mir hat die Welt trüglich gericht’t」(Matthäus‐Passion BWV244より)

 バッハ「Dona nobis pacem」(h-Moll-Messe BWV232より)

 バッハ「Kantate BWV12 ー Weinen, Klagen, Sorgen, Zagen」

 

■出演者

指揮者:谷川晃

ピアノ:鶴井弥葉・德増百合子

メゾソプラノ:後藤真菜美

​テノール:河野泰佑

バリトン:高橋宏典

オルガン:加藤麻衣子

オーボエ:酒井弦太郎

室内楽:東京藝術大学バッハカンタータクラブ有志

合唱:ブルク・バッハ室内合唱団

bottom of page